インドネシアの多様な文化をタマン・ミニで一度に楽しもう!

スポンサーリンク

インドネシアは、約17,000もの島々から構成される群島国家で、その広さは東西約5,000㎞にもなります。
300以上の民族がいると言われており、地域によって様々な文化があります。

タマン・ミニ・インドネシアは、そんなインドネシアの様々な文化を一度に楽しむことができる巨大テーマーパークです。

ジャカルタ市内にあり、日帰りで行くことができるのでインドネシアに住む日本人は一度は行ったことがあるというひとが多いと思います。

休日は観光客だけでなく現地のひともたくさん集まっていました。
座り込んでおしゃべりしたり、音楽に合わせて踊ったり、子どもたちは走り回って遊んだりしていました。

観光で行かれるひとは現地人の雰囲気も感じることができるかもしれません。

 

スポンサーリンク

アクセス

出発地 所要時間
スカルノハッタ国際空港 約40分
ジャカルタ中心部 約30分
ブカシ 約50分

 

  • 車での所要時間です。
  • 渋滞は考慮していません。
  • スカルノハッタ国際空港、ブカシからのアクセスは高速道路を利用した所要時間です。

 

料金

入園料・駐車料金は駐車場に入る時にまとめて支払います。

 

入園料 20.000ルピア/1名
駐車料金 20.000ルピア

 

  • 園内には博物館やこども向けプレイランドなど別途入館料が必要なところがあります。
  • 園内バスやケーブルカーなどの乗り物も別途料金が必要です。
 

料金は公式ホームページで確認することができます。
 
タマン・ミニ・インドネシア|チケット料金

 

私たちの場合
 
夫婦2人、運転手の計3名
 
入園料
 20.000ルピア×3名=60.000ルピア
駐車料金
 20.000ルピア
合計
 80.000ルピア
 
日本円で約640円ほどです。
園内では、博物館の入館料を追加で支払いました。
それらを合わせても2人で約1040円ほどでした。

 

各州パビリオン

園内には33個の各州パビリオンがあります。
地域ごとに再現された家屋のなかに民族衣装や生活用品などが展示されています。

すべて無料で自由になかを見学することができます。

 

▼スマトラ島の家屋

 

 

▼カリマンタン島の家屋

 

▼パプア島の展示物

 

博物館・動植物園

園内には19個の博物館・動植物園があります。
入館料は2.000~35.000ルピアと幅広いですが、日本円にすると16円~280円と比較的安いです。

なかでも1番立ち寄りたいのが、コモドドラゴンミュージアムです。
主に、トカゲやヘビ、ワニ、カメなどの爬虫類が展示されています。
コモドドラゴンの形をした館内には、動物のはく製も展示されています。

そして1番の見どころは、やはりコモドドラゴンです。
残念ながら私たちが行った時はコモドドラゴンを見ることはできませんでした。

他にもカメに餌をあげたりへびを首にまいて写真を撮ったりすることもできます。
勇気のあるひとはチャレンジしてみてください。

 

 

施設ごとの入館料は公式ホームページで確認することができます。
 
タマン・ミニ・インドネシア|チケット料金

 

乗り物で回るのがおすすめ

タマンミニインドネシアの園内はかなり広いです。
とても1日では周りきることはできません。

園内の至るところに駐車場があるので、車があるひとはそのまま車で入園して気になるところで降りるのがおすすめです。

車がないひとも園内バスやケーブルカー、自転車の貸し出しなどあるのでそれらを使われることをおすすめします。

 

入口付近には、バイクの貸し出しをすすめてくるひとがたくさんいると思いますが一般人が勝手にやっていて園とは関係がありません。

慣れないひとはぼったくられたり、問題になるとめんどくさいので園の乗り物を使うのが無難だと思います。

 

 

園内MAP

先ほども書きましたが園内はかなり広く、とても1日では周りきれません。
最初に園内MAPをゲットして回るところの目星をつけましょう。

園内MAPは、インドネシア語と英語のMAPですが読めなくても園内の全体像を把握できるのであったほうがよいと思います。

 

園内MAPを入手するには

  1. 紙のMAPを入手できる場所が下記のブログで紹介されています。
    はじめてのタマン・ミニ観光 珍道中
     
  2. 公式ホームページ
    タマン・ミニ・インドネシア|園内MAP

 

 

おみやげ

園内には出店のようなお店がいくつか出店しています。
キーホルダーやかごバック、アクセサリー、靴などいろいろな物が販売されています。

お店の名前は忘れてしまいましたが、入口から少し入ったところにあるお土産屋さんもおすすめです。

ここでも、鞄や置物、服、財布などいろいろな物が販売されています。

 

 

写真は私が購入した物です。

キーホルダーは出店で購入しました。
1個5.000ルピア(日本円で約40円くらい)でした。
裏側には、名前を彫ってもらいました。

鞄は入口近くのお土産屋さんで購入しました。
80.000ルピア(日本円で約640円くらい)でした。

 

施設情報まとめ

こどもから大人まで楽しめるテーマパークです。
周りかたにもよりますが、1人100.000ルピアくらいでも十分楽しむことができます。

17~18時頃になると園内の交通手段がなくなってしまうので、朝から出かけて夕方には帰宅されるほうがよさそうです。

乗り物の種類や平日・休日によっても営業時間が異なりますので、詳しくはご自身でご確認ください。

 

名称 タマン・ミニ・インドネシア(Taman Mini Indonesia Indah)
住所 Kota Jakarta Timur, Daerah Khusus Ibukota Jakarta
電話番号 (021)87792078
定休日 なし
営業時間 7時~22時

順次閉館するので注意
園内の交通手段は17~18時頃に停止

アクセス スカルノハッタ国際空港 約40分
ジャカルタ中心部 約30分
ブカシ 約50分
料金 入園料20.000ルピア+駐車料金+園内追加料金
公式HP http://www.tamanmini.com/pesona_indonesia/
instagram tamanmini.indonesia

 

 


 

今は、新型コロナウイルスの影響で出掛けることができませんがこの記事を見て楽しんでいただければ嬉しいです!

今のうちにこの広い園内を攻略するプランをじっくりと考えてみてはいかがですか。
私も周りきれなかったところをもう一度見に行きたいなと思っているので、落ち着いたらまた遊びに行きます。

こどもから大人まで楽しめるテーマパークですので、ぜひみなさんも一度タマン・ミニ・インドネシアへ行ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました