インドネシアの電子マネーカード「e-money」の買い方と使い方

スポンサーリンク

こんにちは、インドネシア駐妻のLiliです。

インドネシアでは、キャッシュレス化が進んでおり高速道路や地下鉄の利用に電子マネーカードは欠かせません。

この記事では、インドネシアの電子マネーカードの一つである「e-money」の買い方と使い方を紹介しています。

インドネシアにお住まいの方は一枚用意しておくといざという時に便利だと思います!

 

スポンサーリンク

e-moneyとは?

e-moneyとは、インドネシアのMandiri銀行が発行している電子マネーカードです。

 

日本でいうsuicaやmanacaのようなカードで、事前に好きな金額をチャージしておき読み取り機にかざして決済に使用します。

高速道路や地下鉄以外にも街中での買い物にも使用できます。

 

インドネシアにはe-money以外にも各銀行が発行している電子マネーカードがいくつかありますが、その中でもe-moneyカードは、57000以上の加盟店をもつBCA銀行の「Flazz」に次いで人気の電子マネーカードです。

 

使える場所

e-moneyは、下記のような場所で使用することができます。

 

  • 高速道路
  • 駐車場
  • 電車(MRT、Commuterline、Railink Kualanamu)
  • バス(トランスジャカルタ、トランスジョグジャ、バティックソロトランス)
  • コンビニ
  • 飲食店
  • 観光・娯楽施設
  • 街中のお店

 

e-moneyのロゴがあるお店なら使用可能なので、レジ周辺の表示を確認してみて下さい。

 

Mandiri銀行公式HP(使用方法)

Cara Menggunakan mandiri e-money

 

買える場所と買い方

買える場所

まず、e-moneyは下記のような場所で購入することができます。

 

  • Mandiri銀行の支店
  • コンビニ(Indomaret、Alfamart、Lawson、Alfamidiなど)
  • オンラインショッピングサイト(Tokopedia、Shopeeなど)
  • トランスジャカルタの駅
  • e-moneyの販売機

 

Sogoや書店などでも購入することができるようなので、詳しくはMandiri銀行の公式ホームページをご確認下さい。

 

Mandiri銀行公式HP(販売場所)

Lokasi Pembelian mandiri e-money

 

今回は、一番簡単なコンビニでの購入方法をお教えします!

 

コンビニでの買い方

コンビニでのe-moneyの購入方法は下記の通りとっても簡単です!

 

  1. 店員さんにe-moneyカードが欲しい旨を伝える。
  2. チャージしたい金額を伝える。
  3. 代金を支払って終了。

 

カードを買った時点では残高が入っていないので、そのまま好きな金額をチャージしてもらいましょう。

カードに残高をチャージすることでカードがアクティブ状態になり、使用可能になります。

 

カード自体は1枚Rp25.000です。

 

支払い金額は、カード代、チャージ金額、手数料の合計金額になります。

コンビニでのチャージ手数料は、Rp1.500です。

 

残高チャージできる場所と方法

残高チャージできる場所

カードへの残高チャージは下記の場所で行うことができます。

 

  • Mandiri銀行の支店
  • e-moneyの販売機
  • ATM LinkまたはMandiri銀行のATM
  • オンラインショッピングサイト(Tokopedia、Shopeeなど)
  • 郵便局(Kantor Pos)
  • コンビニ(Alfamart、Indomaret、Alfamidi、Lawson、Family Mart)
  • 書店(Gramedia、Toko Buku Gunung Agung)
  • バスや電車の駅

 

Mandiri銀行の口座がある場合は、オンラインアプリを使用して口座から送金することもできるようです。

 

通常は、コンビニかオンラインショッピングサイトからのチャージが便利だと思います。

オンラインショッピングサイトからチャージする場合はOVOから送金したり、Mandiri銀行の口座を持っていない場合でも他の銀行から送金できたりします。

コンビニ支払いと違って店舗に出向く必要がないですし、今すぐチャージしたいという時でもその場でチャージが可能なので便利ですね!

 

コンビニでのチャージ方法

コンビニでのチャージ方法は、カード購入時とほとんど一緒です。

 

チャージしたい旨とチャージ金額を伝えて、カードを店員さんに渡します。

この際も手数料Rp1.500がかかります。

 

Tokopediaからチャージする方法

Tokopediaからチャージする方法をここに書くと長くなってしまうので、もう一つ別の記事で説明します。

気になった方は下記の記事をチェックしてみて下さい。

 

 

また、コンビニ、Tokopediaから以外の方法でチャージしたい方は、Mandiri銀行の公式ホームページをご自身でご確認下さい。

 

Mandiri公式銀行公式HP(入金方法)

Cara Top Up mandiri e-money

 


 

なんだかハードルが高く感じてしまいますが、購入には書類の記載なども一切なくあっという間にカードがゲットできます!

入金もいろんな方法があるので、使いやすいですね!

タイトルとURLをコピーしました