ギリ島ってどんな島?

こんにちは、インドネシア駐妻のLili(yns121072020)です。

 

この記事では、ロンボク島からボートで15~30分の距離にある島「ギリ島」を紹介します。

 

もともと欧米人の方に人気の島で観光客の中でも圧倒的に数が多いです。

もはやインドネシアであることを忘れてしまう雰囲気。

 

最近では日本人人気も高まっていて、今年のレバランにも多くの日本人の方が訪れていました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギリ3島

実は、ギリ島は3つの島に分かれていてロンボク島に近い側から順に「Gili Air」「Gili Meno」「Gili Trawangan」という名前が付けられています。

 

出典:Googleマップ

 

観光客に最も人気なのが「Gili Trawangan」で、ホテルや飲食店がたくさんある賑やかな島です。

別名「パーティーアイランド」とも呼ばれます。

 

タクシーの運転手さんに聞いた情報だと「Gili Trawangan」の住民が最も多く、次に「Gili Air」、最も住民が少ない島が「Gili Meno」だそうです。

 

ロンボク島からギリ島への行き方は下記の記事をご覧ください。

 

ロンボク島からギリ島へ行く方法【パブリックボート/スピードボート】

 

※バリ島からもギリ島行きの大型船が運行しています。

 

Gili Trawangan

この記事では、今回私たちも訪問した「Gili Trawangan」を詳しく紹介したいと思います。

 

 

Gili Trawanganは、自転車なら1時間もあれば一周できてしまう小さな島です。

 

そして、島の中でも特に南側にお店が多く、人が集まっています。

ホテルは島全体にたくさんあるので、北側ではホテルの前のビーチで静かな時間を過ごしている方もいます。

 

また、ギリ島では車やバイクの使用が禁止されており、移動手段は自転車かアンドンか徒歩になります。

 

 

私たちも、Rp.70K/台で1日(24時間)自転車を借りました。

北側は自転車を押して進むしかないような砂が多い場所もありましたが、借りて正解だったと思います!

 

お店に入る時は道路脇にとめておけばOK、ホテルにも自転車置き場が設置されているので借りている間は自由に使えました。

 

 

海に関してはサンゴや貝殻の破片が多く、時間帯によっては波もあるので泳ぐのにはあまり向いていない印象です。

※実際に泳いでいる人も少ない。

 

夕方になって潮が引くと脛から深くても膝くらいまでの深さの浅瀬が沖の方まで現れるので、生き物を観察しながら歩くのが面白かったです。

 

 

ヒトデ・ウニ・エビ・シャコガイ・ナマコ・魚・ヤドカリ・ウツボの赤ちゃん?・生きた貝などいろいろな生き物がいました。

 

また、夕方になると島の西側でサンセットも見ることができるので、人が続々と移動を始めます。

 

 

今回は雲が多かったのですが、天気の良い日ならとてもきれいなサンセットが見られそうです。

 

シュノーケリング・ダイビング

ギリ島に行ったら絶対にやりたいアクティビティが、シュノーケリングまたはダイビング。

人が増えると海が濁るので、朝1番の予約がおすすめだそうです!

 

島には本当にたくさんのシュノーケリング会社があるので、値段と内容を比較していい感じのお店にお願いしましょう。

ダイビングのできるお店もいくつかあります。

 

 

今回は、シュノーケリングに挑戦してきました。

相場がわからないのですが、私たちはRp.300K/名のプライベートボートで3つのポイントを回るシュノーケリングを楽しみました。(2時間コース)

 

マスク、シュノーケル、フィン、ライフジャケット、GoProでの写真・動画撮影込みでした。

撮ってもらった写真・動画も無料で全て頂くことができました。

 

まず最初は、比較的浅い場所でサンゴ礁とサンゴ礁に集まる魚たちを見ながら体を慣らしていきます。

 

 

GoProが曇っていたようで写真の写りがあまりよくないのですが、実際はとても透明度が高いです。

 

そして、次に海の中に沈められた銅像を見に行きました。

 

 

良い写真を撮るために、ガイドさんから何度も潜るように指示が飛びます(笑)

 

こちらには他のグループもたくさんいましたが、海の透明度は抜群で少し遠くを泳ぐ魚やサンゴ礁に群がる小魚の色まではっきりと見ることができました。

 

最後に訪れたのがカメの現れるポイントです。

 

 

10~15分くらいの滞在でしたが4匹のカメを見ることができ、そのうちの1匹と一緒にビデオに収まることができました!

 

他にも寝ているカメ、沖に向かって泳ぐカメ、浅瀬に向かって泳ぐカメを見ました。

中にはびっくりするほど大きなカメもいました。

 

私たち以外に同じ時期に訪問した友人もカメを見ることができたらしく、遭遇率は100%に近いのではいでしょうか?

 

こんなにあっさりとカメに出会えてしまうなんてインドネシアの海凄すぎる!

 

まとめ

今回、私たちはロンボク島に4泊・ギリ島に2泊の日程で旅行に行きました。

 

行く場所にもよるとは思いますが、ロンボク島には大々的な観光スポットがなくホテルや海岸を散歩する時間が長かったので、旅行の満足度を上げるにはギリ島での宿泊とシュノーケリングやダイビングなどのアクティビティ参加は必須だと感じました。

 

ロンボク島とギリ島では雰囲気も全く違います。

 

ロンボク・ギリ島方面へ旅行に行かれる際は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました