Tokopediaから電子マネーカード「e-money」に残高をチャージする方法

スポンサーリンク

こんにちは、インドネシア駐妻のLiliです。

この記事では、Tokopediaから電子マネーカード「e-money」に残高をチャージする方法を紹介します。

わざわざコンビニなどに出向く必要がないのでとても便利ですし、いざという時にも携帯とカードがあればその場でチャージすることができるので安心です。

e-moneyについては下記の記事をご覧下さい。

 

\e-moneyって何?/

 

スポンサーリンク

Tokopediaのアカウントを用意する

Tokopediaからe-moneyに残高をチャージする場合は、Tokopediaのアカウントが必要になります。

まだアカウントを持っていない場合は、下記の記事を参考にTokopediaへの登録を済ませて下さい。

 

\Tokopediaに登録する!/

 

残高チャージの手順

全体の流れ

Tokopediaから残高チャージする際の手順の流れがこちらになります。

 

  1. Tokopediaのトップ画面からe-moneyのTop up画面に入る。
  2. 残高(Sald)のチェックをする。
  3. カード番号を入力する。
  4. チャージ金額を選択する。
  5. 支払い方法を選択して支払いを済ませる。
  6. 再度残高を確認する。

 

これだけだと、わからないと思うので図を使いながらひとつずつ説明していきます。

 

①Tokopediaのトップ画面からe-moneyのTop up画面に入る。

Tokopediaトップ画面上部の「Top-Up & Tagihan」をタップします。

 

 

次の画面に移ったら、Isi Ulangの欄にある「E-money」をタップします。

 

 

②残高(Sald)のチェックをする。

チャージの前に現在の残高を確認します。

 

まず、「Update Saldo」をタップします。

 

 

そうすると下記の画面に移るので、携帯の裏側にカードを当てて残高を読み取ります。

これはNFCの技術を使っており、カードを当てる位置は携帯によって違うと思うので、ご自身の携帯に合わせた位置にカードを当てて下さい。

 

※iPhoneの場合は、カメラの部分にカードを当てると読み取りができます。

 

 

読み取りが完了すると、画面に残高が表示されます。

私のカードの残高はRp50.000なのでちゃんと合っています。

 

 

続いて、「Topup Sekarang」をタップしそのままチャージの手続きに移ります。

 

③カード番号を入力する。

Nomor Kartu」の欄にご自身のカード番号を入力します。

番号が間違っていると誰かのカードにチャージされてしまうので、しっかり確認をして下さい。

 

 

④チャージ金額を選択する。

カード番号を入力したすぐ下の欄でチャージ金額を選択します。

 

 

選択ができたら「Bayar」をタップして次に進みます。

この段階では、まだ決済されないので安心して下さい!

 

⑤支払い方法を選択する。

「Bayar」をタップすると下記のような画面に移ります。

内容を確認して間違っていなければ、「Pilih Pembayaran」をタップして支払い方法の選択に移ります。

 

 

下記の画面に選択したい支払い方法がない場合は、「Lihat Semua」から全ての支払い方法を見ることができます。

OVOもこちらから選択できます。

 

 

支払い方法の選択ができたら、支払いを済ませます。

 

⑥再度残高を確認する。

支払いが完了したら、最後に先程と同じ手順で残高の確認をします。

チャージが問題なく完了していればこれで終了です!

 

Mandiri銀行公式ホームページ

もし私の説明が分かりにくかった場合は、インドネシア語になってしまいますがMandiri銀行の公式ホームページでチャージ方法を確認することができます。

ShopeeなどのTokopedia以外のオンラインショッピングサイトからのチャージ方法もこちらで確認できます!

 

▼Mandiri銀行公式HP(チャージの方法)

Cara Top Up mandiri e-money

 


 

いかがでしたか?

手順が多く感じますが、慣れてしまえば簡単そうですよね?

携帯とカードがあればすぐにチャージができるので、普段コンビニなどでチャージしている方も覚えておくといざという時に役立ちそうです!

OVOへの入金がされていることや対応している銀行口座があることが前提なので、そこはあらかじめチェックしておいて下さい。

タイトルとURLをコピーしました