アプリ「Tije」でチケットを買ってトランスジャカルタに乗車する方法

こんにちは、インドネシア駐妻のLili(yns121072020)です。

 

この記事では、専用アプリ「Tije」でチケットを買ってトランスジャカルタに乗車する方法を紹介します。

 

トランスジャカルタについての詳細は下記の記事をご覧下さい。

 

ジャカルタ循環バス「トランスジャカルタ」の乗車方法

 

MRT・トランスジャカルタ・LRTを2つ以上乗り継ぐ場合は、JakLingkoが提供するTarif Integrasi(統合料金)の適応を受けることができるので、こちらの記事もチェックしてみて下さい。

 

【JakLingko】電子マネーカードのアクティブ化とアプリとの連動方法

JakLingkoアプリでチケットを買って公共交通機関に乗車する方法

 

各公共交通機関は様々な方法で乗車料金の支払いができますが、銀行発行の電子マネーカードを1枚持っておけば、ジャカルタ近郊のほとんどの公共交通機関に乗車できます。
 
現在インドネシアの公共交通機関は急速に開発が進められているので、今後よりシステムが整っていくと1つのアプリで全ての公共交通機関に乗車できるようにもなっていくと思いますが、現状は電子マネーカードが簡単でわかりやすいかなと個人的には思います。
 
 各公共交通機関で使える電子マネーカード一覧

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トランスジャカルタとは?

トランスジャカルタは、ジャカルタのひどい渋滞を解消するために整備された東南・南アジアで最初のBRTシステム(バス高速輸送システム)で、2004年に運行を開始しました。

 

トランスジャカルタは現地の人々に「バスウェイ」という名称で知られています。

 

ジャカルタではトランスジャカルタ以外のバスも運行しておりたくさんのバス停があるので、タクシーの運転手さんに伝える時などは「バスウェイ」という単語を使うと間違いがないかもしれません。

 

 

チケット購入から乗車まで

アプリを持っていない場合は、アプリをダウンロードし登録を済ませます。

 

 

アプリを開いたら、画面下部中央の「Beli Tiket」をタップします。

 

Tije

 

次に、「Reguler Beli Tiket Bus」をタップします。

 

Tije

 

内容を確認して「Beli Tiket」をタップします。

 

Tije

 

次の画面でも、再度内容に間違いがないことを確認し支払方法を選択します。

 

Tije

 

対応している支払方法

LinkAja AstraPay

 

選択が完了したら「Konfirmasi」をタップします。(この記事ではLinkAjaを使用します。)

 

Tije

 

最後にもう一度内容を確認し、「Setuju & Bayar」で支払画面へ進みます。

 

Tije

 

次の画面でも「Bayar Tiket」をタップします。

 

Tije

 

LinkAjaの支払画面が表示されたら、内容を確認し「Konfirmasi」から支払いを完了させます。

 

LinkAja

 

「Selesai」でLinkAjaの画面を閉じます。

 

Tije

 

Tijeの画面にQRコードチケットが表示されたら、購入は成功です。

 

Tije

 

QRコードチケットを改札の端末にかざしてバス停に入場します。

 

目的地に到着したらアプリを開き、「Transaksi」ー「Lihat Tiket」でQRコードチケットを再度表示させます。

 

Tije

 

退場時も入場時と同じようにQRコードチケットを改札の端末にかざします。

 

 

まとめ

電子マネーカードを忘れてしまった時などにアプリの存在を知っていると助かります。

 

それどころか、カードを持ち歩く必要がなくなり携帯1台でトランスジャカルタに乗車できるようになります。

 

最近は、MRT・トランスジャカルタ・LRT・KRLを利用したルート検索・チケット購入・時刻表検索などが一度に行える「JakLingko」というアプリも登場したので、公共交通機関をよく利用する方はそちらもチェックしてみて下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました