1951年創業のアイス屋さん「Tjanang」のアイスがおいしい!

こんにちは、インドネシア駐妻のLili(yns121072020)です。

 

先日友人に誘ってもらい、インドネシアで1951年から創業しているアイス屋「Tjanang」のアイスを食べてきました!

想像とは違って、とても食べやすいアイスでした!

 

近くまで行かれた際は、ぜひ試してみて下さい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

場所

場所は、ジャカルタのメンテンにあるHotel Cikiniです。

 

 

名称 Cikini Hotel
住所 1, Jl. Cikini Raya No.81, RT.1/RW.2, Cikini, Kec. Menteng, Kota Jakarta Pusat, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 10330
電話 (021) 3192 6186

 

そこにお店はなく、ホテルのフロントの一角でアイスを販売しています。

 

因みに、冷蔵庫と数席のイス、アイス屋さんの昔の写真が飾られているだけの空間なので、近くまで行かれたついでに立ち寄るのがおすすめです!

 

 

アイス

アイスは、こちらの冷蔵庫で管理されています。

 

 

買う時は、フロントの店員さんに声を掛けて、冷蔵庫の鍵を開けてもらって下さい。

 

味の種類は、意外にもたくさんあります。

 

 

今回は、Kombinasiという味に挑戦。

 

チョコレート、アボカド、ココナッツ、ストロベリーの4種類が入っていました。

 

 

アイスの値段は1カップRp.15Kとかなりお手頃価格ですが、チョコチップやココナッツファインのような実も入っていました。

 

アイスの食感はクリーム系ではなくシャーベット系なので、食後でも全く重たく感じずにペロッと食べれてしまいます。

 

私たち以外にアイスを買いに来る人なんているのかな~?と思っていたのですが、30分程の滞在時間の間に2組のお客さんが訪れているのを目にしました。

保冷バックに入れてお持ち帰りしていましたが、今でもインドネシア人の方々に愛されているアイスのようです。

 

 

まとめ

事前情報では透明のカップに入れられただけのシンプルなアイスというイメージでしたが、実際に食べてみると結構いけました!

 

重たい系のアイスが多いインドネシアでは珍しく、最後までさっぱり食べられるアイスで、ランチ後の訪問にも関わらずペロリでした。

 

機会があれば、ぜひみなさんもお試し下さい。

 

下記の記事では、メンテンでおすすめのカフェを紹介しています。

Hotel Cikiniに比較的近い場所にあるので、ぜひこちらにも訪れてみて下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました