150年の歴史を持つメンテンのコーヒーショップ「Bakoel Koffie」

こんにちは、インドネシア駐妻のLili(yns121072020)です。

 

長い歴史を持つメンテンのコーヒーショップ「Bakoel Koffie」を紹介します!

 

お店から写真掲載の許可を頂いています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Bakoel Koffieの歴史

Bakoel Koffieがメンテンにお店を構えたのは2001年とつい最近のことですが、実はBakoel Koffieは1878年からインドネシアでコーヒーの販売を行っている、ジャワ島で最も古いコーヒーショップです。

 

簡単な歴史は下記の通りです。

 

1878年 Liauw Tak SiongがTek Sun Hoコーヒー店をHayam Wuruk通り(コタ トゥアとモナスの間にある通り)に設立
1927年 Liauw Tak Siongの息子Wudjanがビジネスを引き継ぐ
1938年 木材を燃料とした回転ドラム式焙煎マシンを構築
オランダへ初輸出
1965年 店名をWarung Tinggiへ変更(政府による規制の為)
1969年 Wudjanの息子Darmawanがビジネスを引き継ぐ
1973年 日本と中東へ初輸出
2001年 四世代目のHendraとSyennyがBakoel Koffieを始める

 

 

場所

場所は、ジャカルタのメンテンです。

 

 

名称 Bakoel Koffie
住所 Jl. Cikini Raya No.25, RT.16/RW.1, Cikini, Kec. Menteng, Kota Jakarta Pusat, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 10330
営業時間 8:00~22:00
定休日 なし
電話 (021) 3193 6608
HP 見る
Instagram bakoel_koffie

 

この場所には、オランダ植民地時代に建てられた建物を活かしたカフェやレストランがいくつか出店しています。

 

伝統的なバスケットを頭に乗せたジャワ人の女性が描かれたこちらのロゴがBakoel Koffieの目印です。

 

 

後で知ったことですが、どうやらタンゲランのビンタロにも店舗を展開しているようです。

 

店内

Bakoel Koffieの売りはもちろんコーヒーですが、カフェの雰囲気もまたとても素敵です!

 

センスの良いアンティーク家具や絵が飾られています。

 

特に印象的なのが、2階にあるこちらの絵です。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Lili(@yns121072020)がシェアした投稿

 

よく読んでみると、コーヒーの歴史が描かれています。

 

1階にはお庭もあります。

 

 

一応、1階が喫煙席、2階が禁煙席とエリア分けがされていますが、お庭の脇で食事をする分にはそんなに気にならなさそうです!

 

メニュー

メニューは、ドリンクと食べ物、デザートがあります。

 

今回は、ライチティーとMie Acehを注文しました。

 

 

どうしてもコーヒーの気分ではなかったので紅茶を注文しましたが、ライチの実以外にチアシードも入っており、甘さも自分で調節できたので良かったです!

 

食事はパスタが3種類ほどある以外は、全てインドネシア料理です。

 

 

食べたことのないメニューがたくさんあったので、「Aceh」という響きにひかれてMie Acehを注文してみました。

 

 

150年受け継がれる方法で焙煎されたコーヒー豆

Bakoel Koffieでは、コーヒー豆を購入することもできます。

 

1週間に1度、創業から150年間改善を重ねながら受け継がれてきた方法でコーヒー豆を焙煎しているそうです!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Bakoel Koffie(@bakoel_koffie)がシェアした投稿

 

コーヒー豆は、お店またはトコペディアで購入することができます。

 

トコペディアアカウント

bakoelkoffieofficial

 

まとめ

比較的アクセスしやすい場所にありますが、日本人にはまだまだ知られていないようです。

 

長い歴史が作り出すコーヒーの味わいを、ぜひお店でお楽しみ下さい!

 

タイトルとURLをコピーしました