ボゴールの自家製ソーセージが食べられるレストラン「Bavarian Haus Bratwurst ‘n Grill」

こんにちは、インドネシア駐妻のLili(yns121072020)です。

 

ボゴール観光に行った際に立ち寄った自家製ソーセージが食べられるレストラン「Bavarian Haus Bratwurst ‘n Grill」を紹介します。

 

お肉は牛肉が使われていますが、パリッとした皮の触感が楽しめます!

 

お店から写真掲載の許可を頂いています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

場所

場所は、プンチャックへ向かう道の途中です。

 

 

名称 Bavarian Haus Bratwurst ‘n Grill
住所 Jl. Raya Puncak – Cianjur No.48, Cipayung Datar, Kec. Megamendung, Kabupaten Bogor, Jawa Barat 16770
営業時間 10:00~21:00
定休日 なし
電話 +62 25 1825 9805
Instagram bavarianculinaryhaus

 

 

店内

店内は半屋外型になっています。

 

 

雨除けの大きな屋根がありますが、エアコンなどはありません。

ボゴールの山のほうなので、エアコンがなくてもそんなに暑くはないです!

 

座席は、パラソルの付いた席の他にソファー席や2階席もありました。

 

 

そして、お店の中央にはソーセージを作る作業場があります。

 

私たちが訪れた際は、数名の従業員がソーセージを作っているところでした。

 

 

お肉を腸に詰める作業や繋がった状態のソーセージを見ることができて面白かったです!

 

お昼過ぎには片付けに入っていたので、作業風景を見たい方は午前中の訪問をおすすめします!

 

料理

Bavarian Haus Bratwurst ‘n Grillには、ソーセージ以外にもパスタやトムヤムクン、ナシゴレンといった多国籍料理があります。

 

とは言え、やっぱりメインはソーセージ!!

 

今回は、ソーセージ+鶏肉のグリルなどが乗ったプレートとソーセージを単品で注文しました。

 

 

プレートには、シャウエッセンのようなツルッとしたソーセージと中身が粗目のソーセージ、そしてチーズ入りのソーセージ、鶏肉のグリルともう1種類加工肉が乗っていました。

 

日本人が好きな豚肉のソーセージとはやはり少し違いますが、皮がパリッとしていてしっかりお肉感があって美味しかったです!

 

ソーセージについてきたキャベツのコールスローもさっぱりしていてお肉の油に合っていました!

 

そして、付け合わせのポテトも表面がカリカリに揚がっていておいしかったです!

 

ドリンクメニューはこのような感じで、ドイツビールも1種類だけ置かれています。

 

 

 

お土産

店内の一角でソーセージやチーズ、お菓子などの販売を行っています。

 

ここでソーセージを購入して持ち帰れば、家でもおいしいソーセージが食べられます!

 

 

まとめ

ボゴールのメイン通りにあるお店なので、機会があればぜひ立ち寄ってみて下さい。

 

時間帯によっては道が一方通行になってしまうことがあるので、予定を立てる際はお気をつけ下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました