【簡単すぎた!】トランスジャカルタのバス停で電子マネーカードを購入する方法

こんにちは、インドネシア駐妻のLili(yns121072020)です。

 

先日、トランスジャカルタに乗車しようとした時に、普段使用している電子マネーカードを忘れてしまったことに気が付き、バス停の機械を使って新しく電子マネーカードを購入してみました。

 

とっても簡単に買えたので、電子マネーカードの購入を考えている方は参考にしてみて下さい。

 

カードは、MRTや電車など他の公共交通機関に乗車する時にも使用できます。

 

※電子マネーカードはコンビニなどでも購入できます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

機械はどこのバス停にある?

トランスジャカルタのバス停には様々なタイプがありますが、その中でも高床式タイプで改札があり、駅員のいるバス停で購入することができます。

 

私も全てのバス停の状況を把握しているわけではありませんが、道路の端にあるオープンなタイプのバス停には基本的に機械はありません。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

PT Transportasi Jakarta(@pt_transjakarta)がシェアした投稿

 

カードの買い方

では、カードの買い方を紹介します。

 

まずは、トップ画面が表示されていることを確認します。

 

次に、「Beli Kartu(カードを購入)」をタップします。

 

そうすると、カードの種類が3種類表示されるのですきなものを選択します。

 

選択できるカードの種類
  • e-money
  • Tap Cash
  • Flazz

 

カードが決まったらお金を投入します。

※LinkAjaでも支払いができます。

 

最近、現金が使用できないマシーンや駅もあるので注意が必要です。

 

カードの金額はRp.30Kで、そのうちSaldoがRp.10Kです。

 

Saldoとは?

Saldoとは残高のことで、カードを使用する時に使える金額のことです。

 

お金の支払いが終わったらカードが出てくるので、それを受け取って終わりです。

 

機械はおつりが出ないので、ちょうどの金額を用意することをおすすめします。
もしない場合は、WAを通しておつりの金額をバウチャーとして受け取ることもできるそうです。

 

 

その他機械でできること

バス停の機械を通して他にできることは、残高確認とトップアップ(入金)です。

 

カードの購入方法も含めて下記の動画で機械の使い方を見ることができるので、参考にしてみて下さい。

 

 

まとめ

他にも、このブログでは電子マネーカードについて下記の記事を用意しています。

 

詳しく知りたい方はぜひこちらもご覧下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました