JakLingkoアプリでチケットを買って公共交通機関に乗車する方法

こんにちは、インドネシア駐妻のLili(yns121072020)です。

 

この記事では、JakLingkoアプリでチケットを買って公共交通機関に乗車する方法を紹介します。

 

2つ以上の公共交通機関を乗り継ぐ場合は、Tarif Integrasiの適応を受けることができます。(2022年10月現在、Tarif Integrasiに対応しているのはMRT・トランスジャカルタ・LRTの3つです。)

 

各公共交通機関は様々な方法で乗車料金の支払いができますが、銀行発行の電子マネーカードを1枚持っておけば、ジャカルタ近郊のほとんどの公共交通機関に乗車できます。
 
現在インドネシアの公共交通機関は急速に開発が進められているので、今後よりシステムが整っていくと1つのアプリで全ての公共交通機関に乗車できるようにもなっていくと思いますが、現状は電子マネーカードが簡単でわかりやすいかなと個人的には思います。
 
 各公共交通機関で使える電子マネーカード一覧

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JakLingkoとは?

JakLingkoは、ジャカルタ周辺の公共交通機関の料金や支払方法・路線検索などを1つにまとめた統合システムです。

 

アプリやJakLingkoカードという名前の電子マネーカードもあります。

 

アプリでは、MRT・トランスジャカルタ・LRT・KRLを利用したルート検索・チケット購入・時刻表検索などが行えます。

 

JakLingko

JakLingko

JakLingko Indonesia無料posted withアプリーチ

 

JakLingkoカードは1枚で様々な公共交通機関の支払いに利用できます。

 

 

また、JakLingkoカードを利用することでトランスジャカルタが運行するミニバス「mikrotrans」に無料で乗車できます。

 

Transjakartaのミニバス輸送サービス「mikrotrans」に乗車してみた。

 

JakLingkoカードは、トランスジャカルタのバス停(BRT路線)で購入できます。
値段は30.000ルピア(Saldo:10.000ルピア)です。

 

現在購入できるJakLingkoカードは各銀行が発行する電子マネーカードとコラボしたもので使用できる場所などは銀行発行の電子マネーカードと変わりません。

 

JakLingkoはまだ誕生から日が浅く、新しいシステムやカードの整備を進めている段階で、今後範囲が更に拡大するとより便利なシステムになっていくと思います。

 

Tarif Integrasiとは?

Tarif Integrasiは、MRT・トランスジャカルタ・LRTを2つ以上乗り継ぐ場合に適応される料金システムです。

 

Tarifは「料金」、Integrasiは「統合」という意味のインドネシア語で、合わせると日本語で「統合料金」という意味になります。

 

最初の乗車から3時間以内であれば最大10.000ルピアで自由に上記の公共交通機関に乗車することができます。

 

料金は最初に2.500ルピアが引かれ、1kmごとに250ルピアが追加されます。

 

合計の乗車料金が10.000ルピアに達しない場合は、その合計金額がそのまま引かれます。

 

 

アプリでチケットを買って公共交通機関に乗車する方法

この記事では、LRTのチケットを購入した際のスクリーンショットを使用して説明していきます。
他の公共交通機関のチケットを購入する場合も手順は同じです。

 

アプリを持っていない場合は、アプリをダウンロードし登録を済ませます。

 

\アプリをダウンロード!/

JakLingko

JakLingko

JakLingko Indonesia無料posted withアプリーチ

 

アプリを開いたらトップ画面の検索窓をタップし、表示された画面に出発地と目的地を入力します。

 

JakLingko

 

入力が完了したら「CARI PERJARANAN」をタップして検索をかけます。

 

表示された候補の中から好きなルートを選びましょう。

 

JakLingko

 

「TERHEMAT」タブでは最も安いルートを、「TERCEPAT」タブでは最も早いルートを検索できます。

 

次の画面に表示された内容に間違いがなければ、画面下部の「BELI SEKARANG」をタップします。

 

JakLingko

 

支払方法にはQRISとFelloを選択できます。(この記事ではQRISを使用した方法を紹介します。)

 

JakLingko

 

支払方法を選択すると確認画面が表示されるので、間違いがなければ「Lanjutkan」をタップして次の画面へ進みます。

 

JakLingko

 

ここで画面に表示されたQRコードを一度携帯に保存します。(スクリーンショットでもOKです。)

 

JakLingko

 

次に支払いに使用するE-Walletのアプリを開き、支払画面へ進みます。(この記事ではGoPayを使用します。)

 

普段のようにカメラでQRコードを読み取ることができないので、写真フォルダのマークから先ほど保存した画像を読み込みます。

 

JakLingko

 

画像を選択すると自動的に支払画面へ進むはずなので、間違いがなければ支払いを完了させて下さい。

 

JakLingko

 

E-Walletアプリでの支払いが完了したら、JakLingkoアプリへ戻ります。

 

画面下部中央の「Tiket」というタブをタップすると、購入したチケットが表示されます。

 

JakLingko

 

次にチケットをタップし開きます。

 

JakLingko

 

乗り物の横に表示されている「Kode QR」をタップするとQRコードチケットが表示されるので、このチケットを改札の端末にかざします。

 

JakLingko

 

いくつかの公共交通機関を乗り継ぐ場合は各公共交通機関ごとに「Kode QR」ボタンが表示されるので、同じ手順でQRコードチケットを用意し改札を通過します。

 

QRコードチケットは、必ずタップイン・タップアウトして下さい。

 

 

まとめ

JakLingkoアプリを利用することで、電子マネーカードを持ち歩く必要や乗車・下車の度にカードを出し入れする手間がなくなり便利です!

 

また、各公共交通機関のアプリをそれぞれ入れておかなくても1つのアプリでいくつかの公共交通機関に乗車できるのも便利です!

 

タイトルとURLをコピーしました