ジャカルタ循環バス「トランスジャカルタ」の乗車方法

こんにちは、インドネシア駐妻のLili(yns121072020)です。

 

この記事では、ジャカルタ循環バス「トランスジャカルタ(TransJakarta)」の乗車方法を紹介します。

 

バスに乗れるようになると他の公共交通機関では行けないような場所にも行くことができるようになり、更に行動範囲が広がります。

 

MRT・トランスジャカルタ・LRTを2つ以上乗り継ぐ場合は、JakLingkoが提供するTarif Integrasi(統合料金)の適応を受けることができるので、こちらの記事もチェックしてみて下さい。

 

【JakLingko】電子マネーカードのアクティブ化とアプリとの連動方法

JakLingkoアプリでチケットを買って公共交通機関に乗車する方法

 

各公共交通機関は様々な方法で乗車料金の支払いができますが、銀行発行の電子マネーカードを1枚持っておけば、ジャカルタ近郊のほとんどの公共交通機関に乗車できます。
 
現在インドネシアの公共交通機関は急速に開発が進められているので、今後よりシステムが整っていくと1つのアプリで全ての公共交通機関に乗車できるようにもなっていくと思いますが、現状は電子マネーカードが簡単でわかりやすいかなと個人的には思います。
 
 各公共交通機関で使える電子マネーカード一覧

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

トランスジャカルタとは?

トランスジャカルタは、ジャカルタのひどい渋滞を解消するために整備された東南・南アジアで最初のBRTシステム(バス高速輸送システム)で、2004年に運行を開始しました。

 

 

トランスジャカルタは現地の人々に「バスウェイ」という名称で知られています。

 

ジャカルタではトランスジャカルタ以外のバスも運行しておりたくさんのバス停があるので、タクシーの運転手さんに伝える時などは「バスウェイ」という単語を使うと間違いがないかもしれません。

 

 

路線図

 

トランスジャカルタの路線には、専用の走行レーンを持つBRT路線が13路線と一般車と同じレーンを走行するNon-BRT路線が多数あります。

 

BRT路線はコリドーという名称で呼ばれており、13路線は各区間ごとにコリドー1からコリドー13に分けられています。

 

ほとんどのコリドーは元の路線から派生した路線を持ち、「1A」「12P」というようにアルファベットを使って呼ばれます。

 

トランスジャカルタやその他公共交通機関利用者のバス停や駅までのアクセスをスムーズにするために整備されたミニバス「ミクロトランス」が走行する路線は「JAK」という名称で区別されます。

 

Peta Rute – PT Transportasi Jakarta

 

基本的にトランスジャカルタの路線はあるバス停とあるバス停の間をそれぞれの方向から運行しています。(正確には循環しています。)
 
ただし、下の図のように全く同じルートを通らない場合もあります。(青やピンクの路線など)
 

 
「▹」マークで表示されているバス停は、矢印の向いている方向へ向かう場合にしか停車しません。
 
循環しているので一周すれば戻ってくることはできますが、最初に乗った時と逆に考えているとびっくりしてしまうので注意です。

 

BRT/Non-BRT

運行時間・時刻表

路線によって異なります。

 

コリドー1から13は、現在24時間運行しています。

 

乗車料金

トランスジャカルタの乗車料金は下記の通りです。

 

時間 乗車料金
5:00~7:00 2.000ルピア
7:00~24:00 3.500ルピア
24:00~5:00 3.500ルピア

 

料金は改札をくぐってから改札を出るまでの料金です。
路線を乗り継ぐ場合も料金に変わりはありません。

 

支払方法は下記の2通りがあります。

 

  1. 電子マネーカード
  2. QRコードチケット(アプリ) ※BRT路線のみ

 

身長90cm以上のお子様はチケットの購入が必要です。(通常料金)

 

使用できる電子マネーカード

  • Flazz
  • TapCash
  • e-money
  • BRIZZI
  • Jakcard
  • JakLingkoカード

 

BRTのバス停に設置された自動発券機でも電子マネーカード(JakLingkoカード)が購入できます。

 

また、自動発券機では銀行発行の電子マネーカードのトップアップ(残高チャージ)も行えます。

 

 

対応している支払方法(自動発券機)

現金 OVO GoPay ShopeePay LinkAja DANA デビットカード

 

トランスジャカルタの自動発券機の使い方(残高確認・購入・トップアップ)

 

銀行発行の電子マネーカードは、コンビニやトランスジャカルタの駅(JakLingkoカード)・オンラインショッピングサイトなどで購入できます。
 
トップアップもコンビニ・バス停や駅・ATM・モバイルバンキング・オンラインショッピングサイトなど様々な場所・方法で行えます。

 

JakLingkoについては下記の2つの記事で詳しく紹介しています。

 

【JakLingko】電子マネーカードのアクティブ化とアプリとの連動方法

JakLingkoアプリでチケットを買って公共交通機関に乗車する方法

 

QRコードチケット(アプリ) ※BRT路線のみ

  • 専用アプリ「Tije」
  • JakLingko

 

各アプリでのQRコードチケットの使用方法については別の記事を用意していますので、そちらをご覧下さい。

 

アプリ「Tije」でチケットを買ってトランスジャカルタに乗車する方法

JakLingkoアプリでチケットを買って公共交通機関に乗車する方法

 

乗り方

バス停には様々な行き先のバスが到着するので、各バスの行き先を確認してから乗車するようにしましょう。

 

行き先は、バスの全面と側面に表示されている路線番号・路線名で確認することができます。

 

BRTバス

BRTのバス停は高床式で、その多くが道路の中央に設置されています。

 

 

バス停へは専用の歩道橋やバス停の近くに設置された横断歩道を利用して渡ることができます。

 

BRTのバス停には改札があり、入場時と退場時には電子マネーカードまたはQRコードチケットを改札の端末にかざす必要があります。

 

Non-BRTバス

Non-BRTのバス停は道路の端に設置されています。

 

 

屋根やベンチのあるバス停もあれば看板が立てられているだけの場合もあり、いずれのバス停にも改札はありません。

 

 

バスに乗車した後で車内に設置された専用端末に電子マネーカードをかざし乗車料金を支払います。

 

Non-BRTバスも下車時に再度端末に電子マネーカードをかざす必要があります。

 

 

BRT/Non-BRT以外のサービス

トランスジャカルタには無料で乗車できる「Bus Gratis」や2階建てバスに乗ってジャカルタの街を巡ることができる「Bus Wisata」、女性専用バスの「Bus Wanita」、プレミアム使用の「Royaltrans」、ミニバスタイプの「Mikrotrans」など様々なサービスがあります。

 

Bus Wisata

無料で乗車できる2階建て観光バスです。

 

歴史ある建物や銅像などの説明を聞きながらジャカルタの街を巡ることができます。

 

 

運行時間 10:00~17:00(火~日)
路線 BW2 BW4
2022年10月現在

 

トランスジャカルタの2階建て無料観光バスに乗ってみました!

 

Mikrotrans

トランスジャカルタやその他公共交通機関利用者のバス停や駅までのアクセスをスムーズにするために整備されたミニバスです。

 

防犯カメラやエアコンを完備した車両もあります。

 

JakLingkoカードを利用すると無料でミクロトランスに乗車できます。

 

 

Transjakartaのミニバス輸送サービス「mikrotrans」に乗車してみた。

 

トランスジャカルタ専用アプリ「Tije」

アプリでは、下記のことが行えます。(一部紹介)

 

  • BRTバスチケット購入
  • ルート検索
  • ルート情報の確認
  • Royaltrans乗車予約

 

メールアドレスや電話番号を利用してチケットを送ることもできます。

 

対応している支払方法

LinkAja AstraPay

 

アプリのダウンロード

 

乗る時に注意すること

車内は比較的清潔で明るさもあり、外国人だから狙われているというような不安は感じません。

 

カバンやリュックを体の前にして持ったり、使わない時は携帯などをしっかりカバンの中にしまうなどして、自分の荷物から目を離さないように最低限の注意を払う必要はあります。

 

また、バス停に続く歩道橋は人気が少ないので、立ち止まって写真を撮るような観光客っぽい目立つ行動は控えた方がよさそうです。

 

バス車内には女性専用エリアが用意されているので、女性はそちらの座席を利用すると少し安心です。

 

 

 

まとめ

トランスジャカルタに乗る場合の問題は路線の複雑さですよね。

 

「乗ってみたいけれど、目的地へ行ける気がしない」という方も多いのではないでしょうか。

 

そんな時は思い切って普段の行動範囲内で少し利用してみると、わかってくるようになると思います。

 

一度わかってしまえばそんなに難しいものではありませんし、分からなければバス停の係員やドライバーに聞くこともできるので、ぜひマスターしてみて下さい。

 

タイトルとURLをコピーしました