Transjakartaのミニバス輸送サービス「mikrotrans」に乗車してみた。

こんにちは、インドネシア駐妻のLili(yns121072020)です。

 

先日、トランスジャカルタが運行している「mikrotrans」に乗車してみました。

 

なんと、mikrotransの乗車料金は無料です!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

mikrotransとは?

mikrotransは、トランスジャカルタが運行するミニバンを使用した輸送サービスです。

 

トランスジャカルタの公式SNSでは「ミニバス」に分類される輸送サービスと紹介されています。

 

mikrotransは、トランスジャカルタやその他公共交通機関利用者のバス停や駅までのアクセスをスムーズにするために整備されました。

 

見た目はみなさんが想像するアンコットと同じですが、比較的新しくきれいで中にはエアコンや防犯カメラが設置されている車両もあります。

 

 

※正確にはアンコットとはミニバンやミニバスサイズの車両を使用して乗客を輸送するインドネシアの公共交通機関の総称です。

 

 

乗車料金は無料!

アンコットとは異なり、乗車には電子マネーカードを使用します。

 

 

トランスジャカルタへ確認したところ、mikrotransの乗車に使用できる電子マネーカードはJakLingkoのロゴが付いた電子マネーカードのみとのことでした。

 

 

 

タップイン・タップアウトが必要ですが、乗車料金は無料で残高は引かれません。

 

※タップイン・タップアウトとは乗車・下車時に電子マネーカードを専用端末にかざすことです。

 

アンコットとの見分け方

mikrotransの色は白やグレー・水色・赤などいくつかあります。

 

アンコットと比べて見た目がきれいなのでパッと見た感じで分かるとは思いますが、車体にmikrotransとプリントが施されているのでそのプリントを見れば確実に見分けることができます。

 

また、車体にはトランスジャカルタやJakLingkoのロゴなどもプリントされています。

 

 

mikrotransの路線には「JAK」という名前が使われており、車体には路線番号と路線名の記載もあります。

 

各路線の走行ルートは、Transjakartaの公式ホームページや専用アプリ「Tije」で調べることができます。

 

 

現在、ジャカルタでは公共交通機関の開発が急速に進められており、Transjakartaの運行状況はよく変わります。
最新の情報はTransjakartaのインスタグラムやTwitterからご確認下さい。

 

 

乗り方

mikrotransはアンコットとは異なり、走行ルート上にいくつかの決まった停留所があります。

 

乗車したい路線の停留所で待っていれば乗車できます。

 

因みに、アンコットのように道で適当に拾っても乗車できました。

 

まとめ

なかなか乗る機会はないかなと思いますが、車の中からなど気にして見てみて下さい!

 

いろいろ知っておくことで、公共交通機関の利用に対するハードルが少し下がります!

 

タイトルとURLをコピーしました