【GoFood】一度使ってみてほしいインドネシアの便利なデリバリーサービス

スポンサーリンク

こんにちは、インドネシア駐妻のLiliです。

この記事では、インドネシアのデリバリーサービス「GoFood」のサービス内容と注文方法、使ってみた感想を紹介します。

日本だとデリバリーは少し高い印象がありますが、GoFoodは配送料が格安・バウチャーもたくさんもらえるので店舗で購入するのとほとんど変わらない金額で手軽に利用することができます。

使うまでは衛生面などに不安を感じていましたが、一度使ってみるととても便利なサービスでインドネシア在住のひとにはぜひ使ってみてほしいなと思います。

 

スポンサーリンク

GoFoodとは

配車サービスで有名な「Gojek」のサービスの一つです。

加盟している飲食店の料理をネット上で注文するとGojekのドライバーが配達してくれます。

 

利用には、Gojekのアプリに簡単な登録が必要です。

Gojek

Gojek
開発元:PT GO-JEK INDONESIA
無料
posted withアプリーチ

 

 

加盟店

日本でも有名なファーストフード店はほとんど加盟しています。

現地の飲食店もたくさん加盟しているので、現地飯にも挑戦できます。

 

日本食

  • 吉野家
  • 丸亀製麺
  • 元気寿司

 

ジャンクフード

  • ドミノピザ
  • ピザハット
  • ケンタッキー
  • マクドナルド
  • バーガーキング

 

ドリンク

  • スターバックス
  • Chatime
  • kopi kenangan

 

コンビニ・スーパー

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • LOTTE Mart

 

その他

  • SOLARIA(韓国料理)
  • Auntie Anne’s(プレッツェル)

 

  • ほとんどの店舗が写真を掲載しているので、料理やお店の雰囲気を写真で確認することができます。

 

衛生面・安全面

インドネシアは、暑い国ですし時間にルーズなお国柄でもあるので食べ物を注文するには、衛生的に不安を感じるひともいると思います。

また、口にするものなので配達経路の安全面も気になるところだと思います。

GoFoodの安心できるサービス内容を紹介します。

 

配達時間

アプリでは、現在地から1キロ圏内を中心に最長5キロくらいまでの飲食店が表示されるようになっています。

近場の飲食店であれば、注文から20分くらいで商品を受け取ることができます。

アプリでドライバーの位置や動きがリアルタイムで確認できます。

 

 

配達員の情報

注文を入れると店舗の近くにいるGojekのドライバーが配達してくれるのですが、担当のドライバーの名前と顔写真が確認できるようになっています。

誰が配達してくれるのかわかるので安心できます。

 

商品の包装

商品は、結束バンドでとめられていて開けることができないようになっています。

開けるには、結束バンドを切るか袋を破るしかないので衛生面的にも安全面的にも安心できます。

 

 

  • 全ての店舗がこのように対応しているかはわかりませんが、これまで注文した店舗は結束バンドでとめてありました。

 

注文方法

①Gojekアプリを開いてGoFoodをクリック

 

 


 

②注文するメニューを選ぶ

 

<メニューの選び方>

  • 検索窓で検索
  • カテゴリーから選ぶ

 

  • 料理の種類から選ぶ

 

  • その時のおすすめ商品から選ぶ

 


 

③選んだ店舗をクリックして商品ページへ

 


 

④商品の選択

 

商品横の緑のボタンをクリック

 

<言語設定>
 英語:Add +
 インドネシア語:Tambah

 

 

  • 使えるバウチャーのチェックも忘れずにしましょう。

 


 

⑤注文内容の確認・支払い方法選択

 

⑤-1
画面一番下の緑のボタン
をクリック

 

 

⑤-2
注文内容の確認と支払い方法を選択して画面一番下の緑のボタンをクリック

 

<支払い方法>
 gopay or 現金

 

 

  • 注文を取り消したい場合は、個数を0個にすれば取り消せます。
     
  • セットドリンクの指定や要望は鉛筆マークをクリックしてメモに入力します。(マックの場合)
     
  • ドリンクの注文だと砂糖の量や氷の量をラジオボタンで選択できるようになっているところもあり、注文画面は店舗ごとに少し違いがあります。

 


 

⑥担当のドライバーからメッセージが届くので返信

 

 

  • これから対応する旨やマンションの場合は棟の確認などのメッセージが届きます。

 


 

⑦商品受け取り

 

メッセージで到着したと連絡が入るので商品を受け取りましょう。

 


 

⑧ドライバーの評価

 

後ほどアプリでドライバー評価のメッセージが届くので返信しましょう。

 

 

現金支払い

現金支払いの場合は、アプリに表示される金額をGojekのドライバーに渡します。

おつりの用意は特にないようで、個人のものだと思われる財布からおつりをくれます。

あまりおつりが出ないように用意すると親切です。

 

  • ドライバーへのチップは特に必要ありません。
     
  • 少額なおつりであればチップとして渡してしまってもいいかなと思います。

 

配送料

配送料は高くても9.000ルピア(約72円)くらいです。

gopayで支払うともっと安くなったりもします。

 

  • 配送料が割引になっている店舗が多く、バウチャーもたくさんもらえるのでうまく利用すれば配送料はかからなかったりします。

 

バウチャーの利用方法

  • トップ画面から

 

  • お店の注文ページから

 


 

一度使ってみると自分で買いにいくよりも早くて、リピートしてしまう便利サービスです。

衛生面や安全面に不安を抱いていた私も結構安心して使用しています。

インドネシアにお住まいのひとにはぜひ試してほしいサービスです。

タイトルとURLをコピーしました