【他の島にも応用可!】プラムカ島へ行く際のおすすめローカル旅行会社ツアーと予約時の注意点

こんにちは、インドネシア駐妻のLili(yns121072020)です。

 

この記事では、ローカル旅行会社を通してプラムカ島へ行く際のおすすめツアーと予約時の注意点をお話します。

 

ローカル旅行会社のツアーは日本人向けとは言えないツアーもあります。

実は私も1回失敗していて、ローカルチックな旅をしました(笑)

 

その反省を活かして、みなさんには日本人でも安心・できる限り快適に島での滞在を楽しむことができるおすすめツアーと日本人向けツアーの見分け方を紹介します。

 

プラムカ島への訪問をお考えの方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

今回は、プラムカ島について中心にお話しますが、他の島へ行く際にも応用できる内容になっています!

 

旅行会社からツアー紹介の許可を頂いています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プラムカ島とは?

プラムカ島は、ジャカルタの北の海に浮かぶ島々「プロウスリブ」の1つです。

 

「Pulau Seribu(プロウスリブ)」は、日本語に訳すと「1000の島」という意味になります。

 

有人・無人含め、無数の島があることからこのように名付けられました。

実際の島の数は120島ほどで、その中でも有人の島は10島ほどしかありません。

 

「プラムカ島」は数少ない有人の島の1つで、島内には学校や病院・政府の施設などがあり、人々が日常生活を送っています。

 

 

私たちのプラムカ島滞在記録は下記の記事をご覧下さい。

 

【プロウスリブ】プラムカ島でいろいろなアクティビティを楽しんできました!

 

 

プロウスリブツアーをローカル旅行会社で予約する際の注意点

2つの注意点

プロウスリブツアーをローカル旅行会社を通して予約する際に最も注意するべき点が、下記の2点です。

 

  1. 船の種類
  2. 宿泊施設

 

プロウスリブツアーには、同じ島にいく場合でも基本的に2通りのツアーがあります。

 

その大きな違いが船の種類と宿泊施設の種類の差です。

 

船の種類

プロウスリブへ行くための船の種類は、「Kapal Feri(Boat Feri、Via Feri)」と「Speed Boat(Via Speed Boat)」という2種類があります。

 

多少表記の違いはありますが、「Speed Boat」という単語が含まれているツアーを予約しましょう。

 

また、もう1つの見分け方としては、基本的にアンチョール港から出発するものが「Speed Boat」、アドゥン川港(Pelabuhan Kali Adem)から出発するものが「Kapal Feri」になります。

 

出発の港がアンチョールであることも確認しましょう。

 

宿泊施設

宿泊施設に関しては、表記の仕方がまちまちなので一概にこれとは言えませんが、「Penginapan」「Homestay」という表記のものには注意しましょう。

 

「Villa」や「Cottage」という表記のものは、基本的に島の中でもグレードの高い宿泊施設で間違いありません。

 

人によっては食事が合わないことも?

プロウスリブツアーには、基本的に1日目の昼食・夕食、2日目の朝食・昼食の4食が含まれています。

 

プトゥリ島やセパ島などのリゾートアイランドの場合は比較的良い食事がとれますが、それ以外のノンリゾートアイランドではあまり食事には期待ができません。

 

おすすめのツアーはこれだ!

Jalan Jalan Pulau Seribu Travelのツアー

私が知っている限りでは、プラムカ島へ行く場合、Jalan Jalan Pulau Seribu Trabelが取り扱っている下記のツアーが1番おすすめです。

 

 

船はアンチョール港発のSpeed Boatで、「Seribu Resort Thousand Island」という宿泊施設への宿泊となります。

 

旅行会社に確認したところツアーで宿泊するのはテントタイプのお部屋だそうです。

 

Jalan Jalan Pulau Seribu Travel

 

もちろん、他にも様々な旅行会社がツアーを開催していますが、アンチョール港発のツアーでも宿泊施設が「Villa」や「Cottage」でないツアーが多いです。

 

その場合は、このようなかなりローカルチックのお部屋に宿泊することになりますのでご注意下さい。

 

 

別に問題がないという方は、他社のツアーからの予約でも良い思います!

 

ただ、「Tidak Bergabung」という表記がない限り、基本的には他のツアー客と同じ部屋で宿泊することになります。

 

部屋に空きがあれば追加料金を支払って、グループ専用で部屋を借りることはできます。

 

各予約を自分で行うのもあり?

上記のプランが自分の希望に合わない場合は、下記の予約をそれぞれ自分で行うという方法も良いかもしれません。

 

  • 船の予約
  • ホテルの予約
  • アクティビティの予約

 

島へ入るのに多分Feeがかかります。個人で予約する際は旅行会社やホテルへFeeの支払いについてもご確認下さい。

 

船のチケット予約

プロウスリブ行きの船のチケット販売を行っている旅行会社にいくつか問い合わせたところ、下記の旅行会社で往復チケットが購入できることがわかりました。

 

  1. Explore Seribu Pulau Indonesia(IGHP)
  2. Doyan Jalan(IGHP)

 

旅行会社 料金 時刻表(往路/復路)
Explore Seribu Pulau Indonesia Rp.350.000
※休日・平日で異なるかも。
8:00/14:30頃
Doyan Jalan Rp.320.000(休日)
Rp.270.000(平日)
8:00/15:00

 

※アンチョール港出発日と島の出発日が異なる場合の予約もOKと確認済みです。

 

ホテル

プラムカ島で日本人の宿泊にもおすすめなのが下記の2つのホテルです。

 

  1. Dermaga Resort
  2. Seribu Resort Thousand Island

 

ただし、個人で予約する場合は朝食以外の食事が付かないので注意が必要です。

 

プラムカ島の場合はレストランやワルンがいくつかあるのでそこで食事をしても良いと思いますし、ホテルにお願いする方法もあります。

 

Dermaga Resort

こちらは、島の中で最も星評価の高いホテルです。

 

問い合わせたところ、昼食・夕食の用意も可能だそうです。

事前に連絡を入れるとより良いとのことでした。

 

 

Seribu Resort Thousand Island

先程紹介したツアーでも宿泊するホテルですが、テントタイプのお部屋の他にコテージタイプのお部屋も所有しています。

 

問い合わせへの返事はありませんでしたが、多分こちらのホテルも昼食・夕食の用意は可能だと思います。

 

 

アクティビティ

島でのんびり過ごすのも良いですが、プラムカ島ではいくつかのアクティビティを楽しむこともできます。

 

今回は、シュノーケリングとアイランドホッピングの予約を受け付けているかを島の旅行会社に問い合わせてみました。

 

そして、「Dolphin Paradise」さんからOKの返事を頂くことができました。

 

一旦、2名利用での料金と予約に含まれる内容を出してもらいました。

 

 

※人数や内容によって料金は変わるので、ご利用の際は改めてご自身でお問い合わせ下さい。

 

今回は紹介を控えますが、島ではダイビングも行うことができます。

Dermaga Resortさんが受け付けていると思うので、気になる方は問い合わせてみて下さい。

 

Dermaga Resort(IG)

dermaga_resort_pramu

 

 

まとめ

この記事ではいくつかの旅行会社を紹介しましたが、プロウスリブ旅行を取り扱っている旅行会社はたくさんあります。

 

私が紹介した旅行会社や予約方法以外にも、方法はありそうです!

 

インスタグラムで情報を流している旅行会社が多いので、行かれる際はいろいろチェックしてみて下さい!

 

プトゥリ島を訪れた際に書いた記事もぜひご覧下さい!

 

タイトルとURLをコピーしました