ジャカルタと近郊の町を繋ぐ電車「KRL」の乗り方教えます!

こんにちは、インドネシア駐妻のLili(yns121072020)です。

 

この記事では、インドネシアの電車の1つ「KRL」の乗り方を紹介します!

 

先日、KRLを乗り継いでチカランからボゴールまで行ってみました。

乗車料金はなんと片道たったのRp.9.000(驚)

 

とっても安いですが、車内は清潔で快適でした!

 

記事内での紹介、駅構内で撮影した写真の掲載許可を頂いています。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

KRLとは?

KRLはジャカルタと近郊の町を繋ぐ電車で、ブカシ・タンゲラン・デポック・ボゴールへの足として利用することができます。

 

使われている電車は日本の中古車両です。

 

 

スピードの出し過ぎによる脱線などを心配しましたが、全ての列車が各駅停車ということもあり速度は日本の電車よりも遅いくらいでした。

 

 

路線図

KRLの路線図(JABODETABEK)がこちらです。

 

出典:KRL

 

いくつかのターミナルを起点にジャカルタから東西南北に路線が広がっています。

 

乗車料金

KRLの乗車料金は下記の通りです。

 

最初の1~25km Rp.3.000
25km以上(10kmごと) Rp.1.000

 

これでも2016年に一度値上げされているということなので驚きです。

 

 

乗り方

切符の販売はない!

KRLでは、日本の電車のように紙の切符を販売していません。

全て電子マネーでの支払いとなっています。

 

使用できる電子マネーは下記の通りです。

 

  1. Kartu Multi Trip(KMT)
  2. Tiket Harian Berjaminan(THB)
  3. e-money
  4. BRIZZI
  5. TapCash
  6. Flazz

 

このうち駅で購入できるカードが「Kartu Multi Trip(KMT)」と「Tiket Harian Berjaminan(THB)」です。

 

この2つの違いは下記の通りです。

 

  • Kartu Multi Trip(KMT)
    SuicaやManacaのように事前にすきな金額だけチャージしておける
  • Tiket Harian Berjaminan(THB)
    乗車ごとに運賃をチャージする必要がある

 

THBに関しては、日本で切符を購入するようなイメージに近いです。

ただ、細かく見ていくと日本の切符とは少し違います。

 

詳細を表にまとめてみました。

 

カードの種類 カード代 カードの返却 有効期限
KMT
(レギュラー)
Rp.30K
(saldoRp.10K含む)
不可 なし
THB Rp.10K
(有効期限内であればカード代の返金あり)
最終利用日から7日間

 

※2021年3月に10の駅でTHBの販売がされなくなったそうです。対象の駅ではカードの払い戻しなどができないのでご注意下さい。

 

トップアップ(入金)方法

では、次にカードへのトップアップ方法を紹介します。

 

トップアップは駅に設置されている下記の機械で行うことができます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KAI Commuter(@commuterline)がシェアした投稿

 

指定の場所にカードを置いて画面を操作すればトップアップ完了です。

 

操作の詳細は係員にお尋ね下さい。

 

上記の機械でトップアップできるのはKMTのみです。その他の電子マネーカードを利用する場合は事前にそれぞれの方法でトップアップを済ませておきましょう。

 

KRL専用アプリ

KRLの専用アプリもあります。

 

\アプリをダウンロード!/

KRL Access

KRL Access

PT. KAI Commuter Jabodetabek無料posted withアプリーチ

 

アプリでは、下記のことがチェックできます。

 

  1. KRLの路線図
  2. 各路線の路線図
  3. 電車の位置情報
  4. 電車の運行スケジュール
  5. 乗車料金
  6. KMTの残高照会

 

位置情報では、到着している電車のホーム番号や、電車の到着時間、あと何駅で到着するのかなどの情報を確認することができます。

 

出典:KRL

 

 

まとめ

実際にKRLを利用してみると、思っていたよりも駅やホーム、線路などがしっかりと整備されていました。

 

私は日曜日に乗車しましたが、多くの乗客が乗っていて、市民の足としてしっかりと機能していました。

 

現在は各駅停車の電車しか走っていないので車で移動するよりも時間はかかってしまいますが、電車に揺られながらインドネシアの街並みを眺めるのも面白いです!

 

このブログでは他にもインドネシアの公共交通機関の利用方法を紹介しています!

下記の記事もぜひ読んでみて下さい!

 

タイトルとURLをコピーしました