【ジャカルタ周辺】公共交通機関まとめ!

こんにちは、インドネシア駐妻のLili(yns121072020)です。

 

このブログではちょこちょこインドネシアの公共交通機関への乗り方を紹介してきました。

 

いろいろ行っているうちにジャカルタ周辺の公共交通機関のほとんどに乗車することができたので、今回は1つの記事にまとめてみました!

 

まだ、LRTや長距離列車には乗れていないのですがその辺はまた後々追加していきます!

 

この記事で紹介する乗り物
  • MRT
  • トランスジャカルタ
  • KRL(電車)
  • Ao Shuttle(バス)
  • GoCar/Grab
  • ブルーバードタクシー
  • アンコット
  • バジャイ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MRT

MRTは、ジャカルタの中心部を南北に走る地下鉄です。

※区間によっては地上駅もあります。

 

延長される計画はあるようですが現在の駅数は全部で13駅、端から端まで乗っても30分ほどの距離です。

 

ジャカルタの地下鉄MRTの乗り方教えます!

 

トランスジャカルタ

トランスジャカルタは、ジャカルタ市内を縦横無尽に走るバスです。

渋滞が世界最悪レベルと言われるインドネシアで交通量削減のために2004年から運行を開始しました。

 

地元では「バスウェイ」と呼ばれ、多くの市民に利用されています。

 

トランスジャカルタ(TransJakarta)の乗り方教えます!

 

KRL

KRLは、ジャカルタと近郊の町を繋ぐ電車でブカシ・タンゲラン・デポック・ボゴールへの足として利用することができます。

 

使われている電車は日本の中古車両です。

 

ジャカルタと近郊の町を繋ぐ電車「KRL」の乗り方教えます!

 

Ao Shuttle

Ao Shuttleは、チカランのシティーウォーク前とジャカルタのブロックM間を運行するバスです。

スマンギやスナヤンでの乗車・下車も可能で、他の公共交通機関への乗り換えもしやすいです。

 

チカランからジャカルタまでたったのRp.25.000で行けてしまうのが最大の魅力です。

 

【チカラン-ジャカルタ間がたったのRp.25.000】バスの乗り方教えます!

 

GoCar(Grab)

GoCarは、Gojek社の提供する配車サービスです。

アプリ上で行き先を指定して車を手配します。

 

通常のタクシーと違うところは、各ドライバーが自家用車を使ってお客さんを運んでいることです。

 

Grab社が提供している配車サービスも利用方法はGoCarとほとんど同じです。慣れてくるとその都度安い方のサービスを利用するという人が多いです。

 

インドネシアの配車サービス「GoCar」の予約から降車まで

 

ブルーバードタクシー

ブルーバードタクシーは、インドネシアに住む日本人の間で最も信頼されているタクシーです。

 

ただ、個人的にはGojekやGrabに比べて発生していない駐車料金などを請求してきたり、料金をぼったくろうとすることが多い気がします。

 

また、ブルーバードそっくりの偽タクシーもあるそうなので、道端で呼び止めるのではなく、ブルーバードタクシー専用アプリやGojekアプリを使って呼ぶのが良いと思います。

 

※Gojekのアプリからもブルーバードタクシーが呼べます。

 

アンコット

アンコットは、メインの道路から外れた地元の住宅街を走り回る、地域住民のための乗り物です。

見たことがない方はいないと思いますが、古い見た目をしたライトバンのような車が使われています。

 

車の後部には長椅子が左右に設置されていて乗客はそこに座ります。

 

私はインドネシア人の友人が一緒の時しか利用しないようにしていますが、そのインドネシア人の友人も1人では利用しないと言います。

また、インドネシア人同士でも持ち物を盗まれたりするそうです。

 

どうしても利用しなければならない場合は時間帯や場所を考えて利用しましょう。

特に女性1人での乗車はおすすめしません。

 

以前、チカラン駅からチカランのシティーウォークまで乗車しましたが、10キロ以上の距離で料金は1人Rp.20.000でした。

タクシーと比べて安いことは間違いありませんね。

 

乗車する際は必ず事前に料金を確認しましょう。

 

バジャイ

バジャイは、東南アジアでよく使われている三輪タクシーです。

 

以前から乗ってみたいとは思っていたものの、乗れる機会がなかなかありませんでした。

 

たまたま乗れる機会がやってきたので物珍しさに乗車。

思っていたよりもスピードがあって、近場の移動なら十分使えそうです。

 

ただし、料金は交渉性となります。

外国人だと高めに値段を言われると思うので、事前にタクシーで移動した場合の料金などを調べておくと比較ができて良いかもしれません。

 

 

まとめ

ナンバー規制があるジャカルタでは、公共交通機関が乗りこなせるようになるとかなり楽になるのではないかなと思います。

 

利用を検討している方はぜひ当ブログの記事を参考にしてみて下さい!

 

また、交通アプリ「Moovit」が結構役立つので、ぜひ使ってみて下さい!

 

タイトルとURLをコピーしました